• 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月22日 (金) | 編集 |
第二問はちょっと手抜きで序盤です。
ゴキ中に対する対策はいろいろありますが、何を採用するのかを書いてください。
また、その対策の勝率のイメージもお願いします。






乃千羽:私ならこの局面での次の手は▲5八金右もしくは▲4八銀。

     どちらも中飛車側の動き方次第で急戦か穴熊に組むかになりますが、穴熊に組めるなら不満なし。
     穴熊に組めた場合の勝率は60%前後。
     
     急戦の方ですが現状では何とも。定跡はもっともっと整備されていきそう。
     現段階では中飛車側のほうが結構気を使う気がします。急戦の場合は55%ぐらいでしょうか。

luxon:この将棋は自分の専門ではないのでちょっとわからないです…。
    なので、何らかの拍子に先手を持つことになったら
    ここでは▲2二角成~▲9六歩とワクチンにして戦います。
    角交換すれば穏やかな展開になるのである程度研究なしでも指せそうな気もします。

    囲いは銀冠か矢倉か選べそうですが、今は少し銀冠に興味があります。
    以前なら練習将棋などでは▲7七銀、▲6八金、▲4九金みたいな形の矢倉に組んでいましたが、
    薄さが気になるのと右金を使うタイミングが非常に難しいと思います。
    なので、最近は角交換系の将棋では銀冠も使い始めるようになりました。

    先手勝率のイメージは55%
    先手の右銀の自由度が後手の左銀よりも若干高い気がするので
    やや先手に分があるような気がします。

    また、興味があるのは図から▲4八銀~▲6八玉~▲3六歩~▲3七銀の速攻早繰り銀(?)です。
    二枚銀の押さえ込みがどれだけ指せるかわかりませんが、▲6六銀まで入れば相当指せそう。

    後手は①銀の応援で位を守るか
    ②▽5六歩で位を放棄して1歩手持ちにするか
    になりますが自分なら後者を選びます。

    もちろん①については知らないですし、②については森内-鈴木戦以降どうなったのかわかりません。
    なのでこれは先手勝率のイメージは大体5割くらいでしょうか。

    ちなみに、自分が居飛車党なら図から▲5八金から超急戦の研究ゲーにして勝ちに行きます笑

Jin: よくこの形は見かけますよね。
   自分の中では▲7八金で時代は止まっています。▲4八銀から穴熊なんてしません。
   以下△3二金、▲6九玉、△6二王、▲4八銀ぐらいで一局でしょうか?
   先手の方針としては
   ①持久戦模様にして△3二金を否定しに行く。
   ②▲3六歩~▲3七銀~▲4六銀~▲3七桂で争点の抑え込みを図る
   ぐらいなのでしょうか。
   先手勝率のイメージは53パーセント。常に一手多く指せる利点を感じられそう。
   
スポンサーサイト
2010年10月18日 (月) | 編集 |
棋道部で「イメージと読みの将棋観」をやってみようと思います。
第一問は某部員の棋譜から適当に出題。
図は、後手三間飛車に先手が速攻棒銀を仕掛けたところ。
この局面に対してそれぞれ思いをぶつけてください。
また、先手勝率のイメージは?



ツボツボ:ぱっと見た感じ振り飛車勝ちなんですね…。
      とりあえず▽4三銀として角頭を守ってみたいですね。
      居飛車の対応としては
      ①▲3五歩 ②▲3八飛 ③▲4六歩
      が考えられますが
      やっぱり③▲4六歩はなさそうですね。

      ①▲3五歩と②▲3八飛に対しては角を引いて
      5筋の歩をつきながら適当にさばいて後手勝ちです。
      でも自分が指したら負けると思います。
      先手勝率のイメージは40%です。

luxon:後手を持ったら▽4三銀や▽8二玉として
    定跡形のように構えてカウンターを狙いたいです。
    先手が▲5六歩とついていない限りは
    ▽5五角のカウンターがきつくなりそうなので
    仕掛けられてもいきなり悪くはならなそう。
    
    逆に先手を持ったら次に仕掛けることなく、
    もう少し自陣に手をかけてから仕掛けると思います。
    
    棒銀は速攻で攻めつぶすというよりも
    手厚く押さえ込むイメージが強いのであまり急いでもいいことなさそう。

    先手勝率のイメージはこのまま仕掛けるのであれば35%
    自陣に手をかけてじっくり指せば47%くらいかと思います。

jin:  瞬間的に見れば、先手が幸せになりそうな予感がしない。
    後手の候補手は▽8ニ玉か▽4三銀。
    個人的には前者を推したい。
    この後、すぐ仕掛けると、悪くても振り飛車側は飛車の打ち込みの先行を許すくらいになるのだろうが、
    そうなれば玉の安全度で振り飛車が勝る。
    桂香を渡すと思うので、8七の地点に集中砲火を受ける可能性大。
    よって第二次駒組みに移行するのだろが、銀が5七に行けない現状では、
    居飛車側は囲いの発展を期待できない。
    戻って問題図の▲2六銀では▲4六銀と中央に指し、▲3七桂から押さえ込む展開で戦うべきか。 
    
    先手の勝率は35%を予想。

乃千羽: 先手の構えがアンバランスに見えます。私は後手持ち。
    次の一手は▽8二玉を推奨。2六銀を遊ばせられれば後手が大分良くなるはず。
    
    先手はじっくり自陣に手をかけてもどうも2六銀とのバランスが気がかり。
    よって▲3五歩と仕掛ける手を考えます。

    それに対して自分なら強く▽4五歩と反発!
    以下 ①▲3四歩▽8八角成▲同銀▽3四飛
        ②▲3三角成▽同銀▲3四歩▽同銀

    など考えられますが、どちらも
    ①振り飛車が軽い
    ②2六の銀が負担
    ③5五や6四角がうるさそう
    といった点から振り飛車の方指しやすそう。

    2六の銀の負担がどうも辛い気がします。先手勝率は40%ぐらいでしょうか。

ドナンザ:ははは。これは先手勝てないじゃないんですか。
    というかこんな攻めで潰せられるなら苦労はしませんね。
    
    問題図で後手は8二玉と入るくらいで不満はないでしょう。

    先手の工夫は5筋の歩を突いてないことと、左銀の保留です。
    ただ前者は後手からの角打ちが厳しくなっているので工夫にはなってなさそう。
    後者の工夫を生かすとすれば7七角~8八玉~7八銀と、美濃に組み替えるくらいか。
    それでもあまり勝てるイメージはないですね。    
    
    とにかく2六の銀を働かせられないと先手は勝てない。
    先手勝率はせいぜい30%

    この局面から単純に先手が攻めたら、後手は初心者でもなければまず負ることはないです。

    
    (本譜の展開を見て)
    え!? 後手負けたんですか。いやー、これを負けるのか。
    
    でも負けたのは対局者が弱かっただけで、
    先手勝率のイメージは変わらず30%でお願いします。
    
    後手の人はまず終盤の勉強をすべきですね。    
    
     


    -まとめ-
    今回は初回ということもあって割りと考えやすそうな
    級位者の棋譜から適当に抜粋してきました。
    
    実戦は(確か)▽9四歩としていましたが、上の人たちの一番人気は▽8二玉でした。
    懐を広げるよりすぐ仕掛けられるかもしれない▲3五歩に備えて
    深く囲っておき、後手が指せるという考えの人が多いみたいです。
    
    また、先手はすぐに攻めても▽5五角や▽6四角などの反発が受けにくくなってくるので
    図の局面では攻め急いだのがマイナスになってしまいそうです。
    かといって、今から自陣に手をかけるのも形を決めすぎている感があるので
    もう少し前に工夫をしていなければという意見が多くなりました。


    今回は比較的考えやすい図を用意しましたが、
    次からはもう少し悩めるやつにしましょう(笑)
    問題図にしたいやつ募集中です!!
    
2010年10月18日 (月) | 編集 |
棋道部で「イメージと読みの将棋観」をやってみようと思います。
今回は初回ということでキャスティングも紹介します。
※毎回全員が答えるわけではありません。
※絵は画伯に提供していただきました。

≪Aチーム≫











ドナンザ
luxon
弁当
乃千羽
ご存知居飛車党。
急戦系がメイン。
四段くらい。
なんちゃって振り飛車党。
純粋振り飛車しか指さない。
六段にはみ出たことがある。
何党だろう?
力戦振り飛車か矢倉メイン。
五段くらい。
本格居飛車党。
相掛かりなどが得意。
五段くらい。











そのうち追加
Jin
moai(仮)
ピカ虫
モンブラン党。
何でもやります。
四段くらい。
本格穴熊党。
現代将棋の申し子。
四段くらい。
角交換振り穴党。
居飛穴もやります。
五段くらい。











トラウマミント
ツボツボ
コニタクオバマ
矢倉に目覚めた
アヒル党。
4級くらい。
本コーナーの目玉。
三間飛車党。
4級くらい。
四間飛車党。
10級くらい。
マリカー偏差値53。
一応なんでもやる振り飛車党
3級くらい。
あごが長い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。